ALFFO RECORDS WEEKLY PLAYLIST Vol.

2019.12.16 Monday

0

    今週は近日入荷のタイトルから抜粋してウィークリープレイリストを作りました。

    お問い合わせ多数いただいておりましたSlow Hollowsようやく入荷です。

     

     

     

    Slow Hollows - You Are Now on Fire

    Frank OceanとTyler, The Creatorがフェイヴァリットに挙げる稀有なバンドSlow Hollowsの3rdアルバム。

    1st~2ndまではPrefab Sprout, Feltっぽいバンドだなぁ、くらいにしか思って無かったのですが、今作で明らかにプロダクションメソッドをチェンジした事が大&大&大吉と出てしまった2019トップクラスの完成度。

     

     

    Sean Henry - Surf Song

    2018年にリリースしたデビュー作『Fink』から僅か1年でリリースされた最新作から。完全にWilcoとElliott Smithの影響下にある(といってもそんなの普通真似できない)、様々なレイヤーを丁寧に折り重ねながらも親しみ易さ半端ないスラッカーロックの数々。アルバムがとても良いのでこれは是非アナログで。

     

     

    Peter Ivers - Take Your Chances With Me

    ハーバード大卒の超インテリ、ポップミュージックの歴史の中でも屈指の天才といわれるPeter Iversの未発表音源が名門〈RVNG〉からリリース。間もなく入荷の邦タイトルは『僕がピーター・アイヴァースになるまで (Becoming Peter Ivers)』。直訳なんだけれどもPeter Iversは一つの音楽ジャンルとして確立されているのでこれ以上の邦題は無いと思います。

     

     

    Adam Green - Freeze My Love

    顔と声が似ている事から一時は解散寸前だったThe Strokesのボーカル候補にあがった(そんなばかな)といわれるAdam Greenの最新作から。Adam Greenはどこで何をやろうが愛せてしまう「天性の人懐っこさ」みたいなものがありませんか?

     

     

    Better Oblivion Community Center - Little Trouble

    Bright EyesのConor OberstとPhoebe Bridgersのユニットがアルバムに続きまたシングルをリリース。よっぽどウマが合ったのかこれはまだまだ続きそう。

     

     

    Harmony Woods - The City's Our Song

    アナログ化を望む声が多く寄せられていたデビューアルバム『Nothing Special』とともに最新作『Make Yourself At Home』をリリース。正義、って感じのインディーエモロック。

     

     

    Japanese Wallpaper- Imaginary Friends

    オーストラリア・メルボルンのプロデュ―サ―Gab Strumのソロプロジェクトのデビュー・アルバム。2011年頃よりシングルをリリースしまくっていてその間にCharli XCX, Death Cab For Cutieのリミックスも手掛けるなど幅広く、ネクストMura Masa的才人。

     

     

    sir_babygirl - Heels

     

    Grimes, Charli XCX追撃型ながらポップアイコンらしからぬ腹の肉の付き具合が完全に新種。

     

     

    J.I.D - Off Deez feat. J. Cole

     J. Cole, 6lack, Ella Mai, BJ The Chicago Kid, Method Manが参加した最新アルバム『DiCaprio 2』収録。サブリミナルの様に高速ラップなのはdick〈ちんち〇)の連呼をごまかすためです。自然と身体が動くほどかっこいい。

     

     

    Elle Fanning - Don't Kill My Vibe

    この世の全ての映画はエル・ファニングを主演にすればいい、と誰かが言ったとか言ってないとか。間もなく公開の映画『Teen Spirit』収録。もちろんSigridのカバー。

    近日入荷のタイトル(Slow Hollows, Vagabon, Beck, Turnover, Sir Babygirl, Japanese Wallpaper etc)

    2019.12.13 Friday

    0

      突然ですがMIX CDが届きました。

       

       

      アーティストはGOODSHITBOYS。岐阜aLFFoのDJ Motive, Takuro Coffee, Haruka, そしてdeadbundyのギタリストKinoshitaがただただGood Shit(超最高)な曲を持ち寄りGood Shit(超最高)にミックス。誇張なしであまりに気持ち良くてもうDJやめようかと思いました。

       

      1つの作品として完成したCDやレコードには永遠に垂れ流す事が可能なサブスクと違い、必ず「終わり」があります。「終わりがある」というのは実に非常に重要で、仕事も飲み会もデートも映画も読書も、終わりがあるからその限定された時間を楽しむ事ができるといえます。つまり終わりを見いだせない事柄にはほぼ必ずといっていい程「苦痛」を伴います。(ツールは使い方次第で毒にも薬にもなる、という事であってサブスクを非難している訳ではありません。一応)

       

       

      先日の『悪魔と憐れむ歌』終演後日、高橋ヨシキさんとうだうだ話しをしていて、

       

      「映画は主人公が死ぬか家が燃えたら終わりでいい。」

       

      と仰ってましたが、それはくどくどと言い訳をするな(←クリストファー・ノーラン)、という事に言い換える事もできます。

      アルバムに限らず、アーティストは終わりをはっきり提示する事で、リスナーも終わりをはっきり認識する事ではじめて作品の相対的な評価が下されるのではないかと考えています

       

       

       

      *『サマーキャンプインフェルノ』

       

       

      *『メイクアップ』

       

       

      *『バタリアン』(8:20くらいから)

       

       

      実は↑のエンディングシーンを観たいだけの長い前フリでした。本当にすみませんでした。

      GOODSHITBOYS(超最高男子)にはゆくゆく私も微力ながら加担できたらと思ってます。

       

       

      来週入荷のタイトルです。次週のWeekly playlistには以下タイトルから抜粋する予定です。

       

       

      【A-Z】

      Ada Lea - What We Say In Private [LP]

       

       

      Adam Green - Engine Of Paradise [LP]

       

       

      Beck - Hyperspace [Silver Coloured LP]

       

       

      Better Oblivion Community Center - Little Trouble [Clear with Orange Splatter 7"]

       

       

      Blueboy - If Wishes Were Horses [LP]

       

       

      Bon Iver - i, i [LP] Restock

       

       

      Cherry Glazerr - Daddi (Reggie Watts Remix), Self Explained (TuneYards Remix) [Ltd. 7"]

       

       

      Cigarettes After Sex - Cry [Ltd. Clear LP] 

       

       

      Cliff Martinez - Too Old To Die Young (OST) [Pink & Blue Colored LP] 

       

       

      Common Holly - When I Say To You Black Lightning [Ltd. Blue 12'']

       

       

      Gorillaz - The Fall [LP]

       

       

      Great Grandpa - Four Of Arrows [Bne Coloured LP] 

       

       

      Harmony Woods - Make Yourself At Home [LP]

       

       

      Japanese Wallpaper - Glow [White LP] 

       

       

      JID - DiCaprio 2 [LP]

       

       

      Life - A Picture Of Good Health [Very Limited Orange LP] 

       

       

      Massive Attack - Heligoland [2LP] 

       

       

      Peter Ivers - Becoming Peter Ivers [2LP+Booklet]

       

       

      Richard Reed Parry - Quiet River of Dust Vol. 2 [White LP]

       

       

      Ry Cooder - Paris, Texas (OST) [Translucent Blue LP]

       

       

      Sean Henry - A Jump From The High Dive [Aqua Blue LP]

       

       

      Sir Babygirl - Crush On Me: Biconic Edition [Neon GreenLP+Poster]

       

       

      Slow Hollows - Actors [Ltd. Red Splatter LP]

       

       

      Sorry Girls - Deborah [LP]

       

       

      Tokyo Shoegazer - Crystallize [Clear Blue LP] (First Time On Vinyl)

       

       

      Torres - Torres [Lavender 2LP] 

       

       

      Turnover - Altogether [Black & Yellow Galaxy Swirl LP]

       

       

      Vagabon - Vagabon [LP]

       

       

      Various Artists - Teen Spirit (OST) [Pink LP] 

      ALFFO RECORDS WEEKLY PLAYLIST Vol.

      2019.12.09 Monday

      0

        先日は高橋ヨシキさん、てらさわホークさんを招いてのトークショー『悪魔と憐れむ歌』にご来場いただきまして誠に有難うございました。誇張では無く1つの夢が叶ったうえに満席御礼。

        また来年、再来年...とお呼びしたいと思っていますので楽しみに待っててください。

         

         

         

         

        ヨシキさん曰く今年のダントツワーストはコレだそうです。確かにこりゃペラそうだ!!(たぶん観ない)

         

         

        という事で今回のプレイリストは半分くらい映画にまつわります。

         

         

        John Williams / The Imperial March

        最近発売されたプレイステーションのゲーム『スター・ウォーズ フォールンオーダー』があまりに面白くて、それは何故かというとルック(画面)のカッコよさもさる事ながら映画音楽の神ジョン・ウィリアムズの「イズム」もしっかりと継承しているからです。つまり音楽が最っ高。ゲームの終盤にこのマーチが流れた時の絶望感たるや!!(ネタバレ)。旧サーガ(4,5,6)ファンもルーカス自身も納得であろうゲームなので是非プレイしてください。

         

         

        Robbie Robertson / Theme for The Irishman

        トークショーでもおのずと話題にあがったスコセッシ最新作『アイリッシュマン』。方々で言われてますがスコセッシの集大成です。サントラもめちゃくちゃ渋くて士気を高める時に聴いてます。ところで最近のロバート・デ・ニーロはデ・ニーロのものまね芸人のテルに寄せてきているのではないか、と思うのですがどうでしょうか。

         

         

         

        Fiona Apple / Across The Universe

        現在Haimと蜜月の映画監督ポール・トーマス・アンダーソンがFiona Appleというミューズを手に入れた絶頂期のMV。知っている"Across the Universe"のカバーの中でもダントツに好きです。

         

         

        Haim / Now I'm In It

        そのポール・トーマス・アンダーソンとがっちり組んで離れないHaimですがもう出す曲出す曲ヤバい。

        デビュー当時(1st)のHaimは曲は良いがMVがダサすぎると結構叩かれていたのでその教訓でしょうか。

        まあPTA+HaimのMVも手癖があってなんだか似た様なのばっかりですが。

         

         

        SebastiAn / THIRST

        Frank Oceanにも愛される鬼才SebastiAn、の説明はおいておいて、MVの監督は同郷ギャスパー・ノエ。ギャスパー・ノエ(クラブのシーンが好きだなほんと)にしてはそれほど残酷な描写は無いにしろ、『アレックス』と新作の『Climax』をマッシュアップした様な底意地の悪さは保証されているバイオレントなMV。8年ぶりの復活アルバムがカッコ良すぎて感動しました。

         

         

        Massive Attack, Young Fathers / Voo Doo In My Blood

        随分前のブログにも書きましたが、定期的に観たくなる、或いは聴きたくなるので入れてみました。

        映画で女の人が地下道を1人で歩くと大抵ロクな事にはなりません。

         

         

        Warmduscher / Disco Penuts

        Fat White Familyと共に今一番注目しているサウスロンドンのミクスチャーポストパンクバンドによる最新作。

        ヤン シュヴァンクマイエルっぽい悪辣でユニックなトーチャ―(拷問)MVで私は好きです。

         

         

        DIIV / Like Before You Were Born

        シューゲイザーって何、と問われたらこれからこの曲を聴いてもらおうと思います。

         

         

        Brainstory / Beautyful Beauti

        Chicano Batmanのフックアップでデビューに至った西海岸のトリオ。あまりに素晴らしいので現在再入荷待ちです。

         

         

        E^ST / Talk Deep

        南アフリカ生まれ、現在オーストラリアで活動するE^ST(イースト?)の最新曲。顔も声も唱法も全部好きです。現在フィジカルリリース待ち。

        ALFFO RECORDS WEEKLY PLAYLIST Vol.

        2019.12.02 Monday

        0

          12月に入りましてプレイリスト第二弾です。

          近日入荷タイトルもございますので是非チェックしてみてください。

           

           

           

          The Chats / Pub Feed

          オーストラリアの3人組The Chatsのバカすぎる新曲。

           

          チキンシュニッティ (パブメシ!)

          パルミジャーナ (パブメシ!)

          ランプステーキ (パブメシ!)

          ミディアムウェル (パブメシ!)

          俺に必要なものはただ1つ、最高のパブメシ!!

           

          と義務教育を途中放棄したかの様な超無意味なバカリリックに心底惚れ惚れするガレージパンク必殺曲。

          近日7インチで入荷します。

           

           

          HMLTD / The West Is Dead

          Generation XのTony Jamesを中心に結成されたSigue Sigue Sputnikという全員ドラァグクイーンの様な格好をした世紀末サイバーパンクバンドがいましたが、HMLTDこそ真の後継者。現代社会は「ディストピア」という机上で語られる様な状況では無く、西洋文明は既に完全なる衰退期(West Is Dead)にある、とフロントマンHenry Spychalskiはこの曲について述べてます。

           

           

           

          Francis Lung / 2 Real

          分裂しても尚神格化されるWU LYFのメンバー=Tom McClungのソロプロジェクトFrancis Lung。掴み所の無さがウリのWU LYFと違ってRadio Dept.を彷彿させるエヴァーグリーンなポップソング。アルバム『A Dream Is You』は近日入荷。

           


          Matt Maltese / Jupiter

          サウスロンドンの才有能ソングライター=Matt Malteseの2ndアルバムから。アルバムにはARTHURのリリースでもお馴染み〈PLZ Make It Ruins〉の頭領Vegyn, そしてJamie Isaac, Jerkcurbのプロデュースを手掛けるTom Carmichaelが参加。

           

           

          Jerkcurb / Air Con Eden

          遂に来日決定。音楽に聴き疲れた時はこのアルバムを聴くと不思議とリセットされます。矛盾してますが。

          特にタイトル曲の"Air Con Eden"はエデン(=ユートピア)を突き詰めた先はディストピア、って感じの虚無感が溜まりません。

           

           

          Lusine / Not Alone Feat. Jenn Champion

          今年でキャリア20年に達するベテランプロデュ―サ―LusineがJenn Championをフィーチャー。Jenn Championを見事にアンドロイド化、ベテランの風格溢れるレトロフューチャリスティックでミニマムなトラック、さらに短編SFの様な素晴らしいMVと色々相まって毎日狂った様に聴いてます。主演のキュートな娘はAlina Leeという女優さんだそうで是非ブックマークしておいてください。

           

           

          Girl Ray / Jusrt Down The Hall

          ノースロンドンの3人娘Girl Ray、近日入荷の最新アルバムから。

          前半はChromaticsなのに後半にあっと驚く展開をみせる変な曲。

          良くも悪くも、、といった所ですが今作かなり垢抜けてます。

           

           

          Galcher Lustwerk / Cig Angel

          ブルックリンを拠点とするプロデューサ―&DJ, Galcher Lustwerkmの最新アルバム『Infomation』から。スモーキーなダンストラックにボソボソと何ごとかつぶやく系のハウスが無条件に好きです。

           

           

          Channel Tres / Topdown

          Yaejiのリリースでも知られるNYのレーベル〈Godmode〉発の新星Channel Tres。テストプレスの不備により入荷が大幅に遅れてますが、『Channel Tres』、『Black Moses』の初ヴァイナルEPが入荷予定です。構えてお待ち下さい。

           

           

          Man Tear / Kill Me

          かつて〈DFA〉からシングルをリリースしたきり全く音沙汰がなかったAlex BomanとPetter Nordkvistのユニットによる新曲。

          容赦無いタイトルのインパクトも含めStardust "Music Sounds Better With You"に匹敵。

          ALFFO RECORDS WEEKLY PLAYLIST Vol. 

          2019.11.25 Monday

          0

            今週から毎週プレイリストを作成する事にしました。

            既発のものから未リリースのものまでラインナップしますので決してレコードの押し売りではありません(ちょっとだけです)。

             

            折角自由度の高いブログなので、ここでは商品キャプションとはちょっと違った視点で曲についてもミニ解説できたらと思ってます。

             

             

            早速ですが今週のラインナップ。

            (入荷済のものはタイトルにダイレクトリンクを貼ってます)

             

             

             

             

            Shannon Lay / Death Up Close

            L.A.のPost PunkバンドFeelsのメンバーとしても知られるShannon Lay。

            FeelsといえばシンガーLaena Geronimoの美貌とカリスマに目がいきがちながらバンドの中核は間違い無くこのShannon。

            ミニマルにつま弾かれるギターと嫌味無いサックス&ストリングスにNick Drakeの亡霊をみるAcid Folkのエンドレス再生可能な名曲。アルバムのプロデュ―スはTy Segallが手掛けており、Courtney Barnettも生涯ベストに挙げるKaren Daltonの名曲"Something On Your Mind"カバーもB4収録。

             

             

             

            Hiss Golden Messanger / I Need A Teacher

            個人的にはFather John Misty "Total Entertainment Forever"と並ぶオルタナフォークの名曲。

            このMVは不当に扱われる地方公務員(=教育指導者)の給料、余暇、技術に対する評価の見直し、及び寄付を訴える「Teacher protest」という市民デモを全編にとりあげており、抽象的な歌詞ながら確かなメッセージが。

             

             

             

            Black Belt Eagle Scout / My Heart Dreams

            なんとこちらもHiss Golden Messanger同様市民デモをテーマに取り扱ったMV。

            先住民族の地位と尊厳を訴える団体=Portland Two Spirit SocietyとPortland All Nations Canoe Familyの参加者を主役に、

            「Screaming Loudly, Screaming Softly」と歌うKatherine Paulの強い願いと、つたない手つきで楽器に触れる子供達を目の当たりに感極って泣いている、場合ではない、言葉は判らずとも判る超名曲。

             

             

             

            Okay Kaya / Baby Little Tween

            ノルウェーのサスペンススリラー『テルマ』への出演で女優としても高い評価を得るKaya Wilkinsのプロジェクト=Okay kaya。話題のゲーム『DEATH STRANDING』のサントラにもSilent Poetsのフィーチャリングで参加。

            この曲は来年発売のアルバム『Watch This Liquid Pour Itself』からのリードトラックで、オリジナル音源とは全く関係ない超不気味なフッテージが2:30くらい流れだすメンヘラ感にハマってます。

             

             

             

            Hobo Johnson / Uglykid Feat. Elohim

            デビューアルバム『The Rise Of Hobo Johnson』のセルフアンサーとなる2ndアルバム。

            最初は友達から「ヤバいのがいる」と連絡きて聴いてみたら私がハマりました。

            所謂「憑依型」のラッパーで、文脈の無さから音楽メディア受けは微妙な模様ですがそこがまた未知数で面白い。

            Elohimの使い方が完璧なアルバム中ベストトラック。

             

             

             

            Caroline Polachek / So Hot You're Hurting My Feelings

            元Chairliftのボーカル&ソングライター。変なセットで変な踊りを踊る美女、というだけで毎日観てます。

            ビヨンセに曲を提供するほどソングライターとしての評価は高く、一周しただけでは到底理解できない本名名義のデビューアルバムからポップすぎて浮きまくっている一曲。

             

             

             

            Hana Vu / Actress

            Hana Vuは常平熱なボーカルもいいのだけど、この曲はトラックだけでも100点で、

            頑張ってリミックス12インチを出してほしいくらい。

             

             

             

            Billie Eilish / Everything I Wanted

            突然売れると誰だって空虚になる最新例。

             

             

             

            G Flip / About You

            ソングライターとしてもライヴパフォーマーとしてもドラマーとしても超一流、オーストラリアのアラレちゃんことG Flipが生みだした国家認定のスーパー・メガアンセム。どんなパーティで流れても曲の真価を発揮してしまう所がとにかくスゴイ。

             

             

             

            Moon Duo / Stars Are The Light

            もともと好きなMoon Duoの最高傑作で本作の主役はもちろんギターの代わりにその座を渡したSanae Yamadaのシンセ & キーボード。KhruangbinとScreamadelicaを彷彿させるミニマル・ソフトサイケの極北。

            ミックスはレジェンドSonic Boom。