ALFFO RECORDS BEST MOVIE 2017

2017.12.19 Tuesday

0

    ベスト!という程観れてませんが観て良かった順に。

     

     

     

    哭声/コクソン (ナ・ホンジン)

    思い出すと未だにクラクラする。

     

     

     

     

    Baby Driver (エドガー・ライト)

    エドガー・ライトの最高傑作はグラインドハウスのフェイクトレイラー『Don't』だったが遂に更新。

     

     

     

     

    IT/イット (アンディ・ムスキエティ)

    暇な時にジョン・ゲイシーのWikiを読んでください。

     

     

     

     

    パーティーで女の子に話しかけるには (ジョン・キャメロン・ミッチェル)

    「これで俺もモテるはず!!」とタイトルにつられたが全然そんな映画じゃなかった。

     

     

     

     

    エル ELLE (ポール・バーホーベン)

    バーホーベンはドSでありドMでもある。

     

     

     

     

    お嬢さん (パク・チャヌク)

    2度と観たくないけどあと3回は観ると思う。

     

     

     

     

    ハクソーリッジ (メル・ギブソン)

    ダンケルクより全っ然こっちを観るべき。

     

     

     

     

    エンドレス・ポエトリー (アレハンドロ・ホドロフスキー)

    ホドロフスキーの作品は全て「終わりの無い詩」といえる。

     

     

     

     

    ラ・ラ・ランド (デミアン・チャゼル)

    サントラ沢山買っていただいてありがとうございました。

     

     

     

     

     

    とはいえ今年は間違い無く『Stranger Things 2』に染められた1年だった。Grrrrrrrr。

    12/18 (Mon) 入荷のタイトル (Stranger Things(OST), Baths, Charlotte Gainsbourg, Kllo, Nine Inch Nailsなど)

    2017.12.10 Sunday

    0

      今年最後の大量入荷!!

      と思ってましたが12月前半は今の所調子よくレコードが売れているのでもう一回飛ばせるかもしれません。

       

       

      決定事項では無いので明確な事は言えませんが、来年はAlffo Recordsとしてちょっとした(あるいは大それた)計画を実現させたいと思ってます。MR.オセロマンの様に頭が2つあったら計画はもう少しスムースに運ぶのでしょうが、そんな荒唐無稽かつ危険なオペに親からもらった真っ赤なボディを捧げる訳にはいきません。こんな映画今絶対公開できないだろうなぁ。

       

       

       

      という事でなんのこっちゃ判らないでしょうがなんとなく期待しててください。

      でも次回入荷のレコードは全力で期待してもらってOKです。

       

       

      『ストレンジャー・シングス』来たる!

      欲しいレコードが多すぎる!!

       

       

      The Accidentals - Odyssey [LP]

       

       

       

      Aldous RH - Feelin' Blue [7"]

       

       

       

      Alina Baraz - Electric Remixes [EP]

       LTD. TRANSLUCENT BLUE COLOR VINYL 

       

       

       

      Avril Lavine - Let Go [2LP]  RESTOCK 

       

       

       

      Avril Lavigne - Under My Skin [LP]  RESTOCK  

       

       

       

      Avril Lavigne - Goodbye Lullaby [2LP]

       2,500 LTD. TRANSPARENT GREEN COLOR VINYL 

       

       

       

      Baths - Romaplasm [LP]

       LTD. MINT COLOR VINYL 

       

       

       

      Brand New - Science Fiction [2LP]  RESTOCK 

       

       

       

      Cage the Elephant - Unpeeled [2LP]

       LTD. ORANGE SCENTED COLOR VINYL 

       

       

       

      Charlotte Gainsbourg - Rest [2LP+CD]

       

       

       

      Charly Bliss - Soft Serve [7"]

       

       

       

      Cold Specks - Fool's Paradise [LP]

       

       

       

      The County Liners - Mary Jane Duphe & Chris McDonnell in the County Liners [EP]

       

       

       

      The Cribs - 24-7 Rock Star Shit [LP]  RESTOCK 

       

       

       

      Current Joys/BOYO - Split [10"]

       LTD. CLEAR COLOR VINYL 

       

       

       

      Deerhoof - Mountain Moves [LP]

       LTD. BLUE COLOR VINYL 

       

       

       

      Dinner - New York [LP]

       

       

       

      DJ Shadow - The Mountain Has Fallen EP [EP]

       

       

       

      Florist - If Blue Could Be Happiness [LP]

       700 LTD. CLEAR COLOR VINYL 

       

       

       

      Gents - About Time [LP]

       

       

       

      Green Day - Greatest Hits: God's Favorite Band [LP]

       

       

       

      H.E.R. - S.T. [2LP]

       

       

       

      Julia Louise - Love Jail [LP]

       

       

       

      Khalil - The Water We Drink [LP]

       

       

       

      Kllo - Backwater [2LP]

       

       

       

      Lindstrøm - It's Alright Between Us As It Is [LP]

       

       

       

      Little Dragon - Season High [LP]

       LTD. WHTE COLOR VINYL 

       

       

       

      Lucy Rose - Something's Changing [LP]

       

       

       

      Midnight Sister - Saturn Over Sunset [LP]

       LTD. BLUE COLOR VINYL 

       

       

       

      Milky Chance - Blossom [2LP]

       

       

       

      Nine Inch Nails - Add Violence [EP]

       

       

       

      Noel Gallagher's High Flying Birds - Who Built the Moon? [LP]

       

       

       

      Otis Junior & Dr. Dundiff - Hemispheres [LP]

       

       

       

      Petal - Comfort [7"]

       LTD. CLEAR COLOR VINYL 

       

       

       

      Playboi Carti - S.T. [LP]

       

       

       

      Samantha Urbani - Policies of Power [EP]

       LTD. TRANSPARENT COLOR VINYL 

       

       

       

      The Sharlocks - Live for the Moment [LP]  RESTOCK 

       

       

       

      Surf Rock Is Dead - We Have No Friends? [EP]

       

       

       

      Toothless - The Pace of the Passing [LP]

       

       

       

      Vancouver Sleep Clinic - Revival [2LP]

       

       

       

      Vic Mensa - The Autobiography [2LP]

       

       

       

      The War on Drugs - A Deeper Understanding [2LP]  RESTOCK 

       LTD. COKE BOTTLE CLEAR COLOR VINYL 

       

       

       

      White Violet - Ages [LP]

       LTD. COKE BOTTLE COLOR VINYL 

       

       

       

      Widowspeak - Expect the Best [LP]

       

       

       

      Wye Oak - Spiral [7"]

       LTD. RED COLOR VINYL 

       

       

       

      V.A. - 13 Reasons Why(OST) [2LP]

       

       

       

      V.A. - Stranger Things: Music from the Netflix Original Series(OST) [2LP]

      ALFFO RECORDS MOVIE REVIEW 『パーティで女の子に話しかけるには』

      2017.12.05 Tuesday

      0

        〈Text By Seiji Nakashima〉

         

        「こんな映画だとは思わなかった、、、」という衝撃作がこの世には確かにあって、例えば『ジェイコブス・ラダー』『ポゼッション』という異物はその最たるものであると思われる。そして現在公開中の『パーティで女の子に話しかけるには』(以下POH)もそれらに等しく、今後カルト化を免れない「トンデモ映画」であった事に興奮を禁じ得ない。

         

         

         

        「童貞パンクスと宇宙人の恋」をテーマにした作品に間違いは無いが、カルト化を免れないと言った手前勿論それだけの映画では無い。ストーリーに言及する事は憚られるが、端的に言ってしまうとPOHは、

         

        「知能/知恵を持つもの同士であれば(現在よりも)よりよい対話が成り立つはずである」

         

        というメッセージこそが根幹では無いかと思っている。

         

         

        ここには監督のジョン・キャメロン・ミッチェル自身がゲイである事も深く関わっていると思われるが、例えば体制派(保守派)にとっての「パンク」、異性愛者にとっての「同性愛者」、NYにとっての「スティング」は時として「エイリアン=部外者」という言葉にとって代わる。

         

         

         

         

        POHでは判りやすく、記号としての「異星人=エイリアン」を登場させているが、彼等がSFで描かれるステレオタイプな侵略者、あるいはただの捕食者では無く、異なる文明と文化と知恵と歴史を持った「部外者」である事を非常におもしろおかしく描いている(この辺のシュールな絵面がカルトそのものなのである)。彼等の滑稽さはピュアなパンクス達と重なり、両者の対立構造を徐々に軟化させる。その先には対話可能な余白があり、共に未来を生きることだって不可能では無いかもしれないという事を示唆し始める。その様は、

         

        「平和と愛と相互理解を願って何が可笑しいんだ」

         

        と歌ったE.コステロの歌詞にも重なる。

         

         

         

         

         

        ところで本作のEDに流れるXiu XiuとMitskiによる"Between the Breaths"が公開以前から話題となっていたが、彼女のブレイク曲"Your Best American Girl"の対訳で以前こんな事を書いた。

         

         

        「幼い頃から世界を転々としてきた彼女にとって、異国においてアイデンティティを確立する事の苦難、そして異文化における異性との相互理解の苦悩を綴った歌詞ではないだろうか。」

         

         

        ジョン・キャメロン・ミッチェルがMitskiに目をつけたのは"Your Best American Girl"に感銘を受けたに違いない。

        そして本作のサウンドトラックにはDavid Bowie, Lou Reed, Ezra Furman, The Damnedなど、愛すべきエイリアン=異端者達の楽曲で占められている。アナログ化を切に願う。

         

         

        V.A. / How To Talk To Girls At Parties

         

        11/16 (Thu)入荷のタイトル (Brand New, Cut Copy, AKIRA, Tennis, Weezer, Starsなど)

        2017.11.12 Sunday

        0

          『素晴らしき映画音楽たち』

           

          オリジナルタイトルは『Score』。巨匠ジョン・ウィリアムスや現役最高峰のハンス・ジマー、『マッドマックス 怒りのデスロード』で強烈なインパクトを残したジャンキーXLのインタビューを中心に映画音楽がどのように作られ、どのような作用を映画にもたらすかに迫るドキュメンタリー。ついぞ先日「関ジャム」でも映画音楽が特集され、時同じく長谷川町蔵著『サン・ト・ランド』が出版、フィジカルでは『ジョーズ』『サスぺリア』『13日の金曜日 ファイナルチャプター』『処刑男爵』(カルトなマカロニホラー)等、リイシュー必至のものから誰にも望まれていないサントラまでリリース予定の異常事態。『ラ・ラ・ランド』や『ベイビー・ドライバー』の世界的ヒットによってより拍車がかかった「サントラブーム」はいよいよ2018年に大爆発を起こすかもしれない。

           

           

          ちなみに『素晴らしき映画音楽たち』内、断片的なシーンであるにも関わらず号泣してしまったこのシーン。

          言葉、セリフでは無く音楽で登場人物の心情、ストーリーその他全てを語らせる。

          いかに音楽が映画にとってが重要であるか最もよく判るシーンではなかろうか。

          恐るべしスピルバーク&ジョン・ウィリアムス。

           

           

          という訳で来週は生涯ベストの1つ『ブルー・ベルベット』、問い合わせ多数『AKIRA』のサントラが入荷。

          昨年入荷に至らなかった『ストレンジャー・シングス』。今回は早期オーダーしたので確保できるはず。

           

          Angelo Badalamenti / Blue Velvet(OST) [LP]

           LTD. BLUE/BLACK SPLIT VINYL 

           

           

           

          Avril Lavigne / Let Go [2LP]

           3,000 LTD. NUMBERED WHITE VINYL 

           

           

           

          Avril Lavigne / Under My Skin [2LP]

           2,500 LTD. NUMBERED RED VINYL 

           

           

           

          Avril Lavigne / The Best Damn Thing [2LP]

           2,500 LTD. NUMBERED PINK VINYL 

           

           

           

          B Boys / Dada [LP]

           

           

           

          Beck / Mutations [2LP]  REISSUE 

           

           

           

          Beck / Modern Guilt [LP]  REISSUE 

           

           

           

          Beth Orton / Central Reseveration [2LP]

           LTD. CLEAR WITH RED SMOKE VINYL 

           

           

           

          Blue Hawaii / Tenderness [LP]

           LTD. BLUE VINYL 

           

           

           

          Brand New / Science Fiction [2LP]

           5,000 LTD. RED & BLUE VINYL 

           

           

           

          The Caretaker / Everywhere at the end of time - Stage 3 [LP]

           

           

           

          CCFX / S.T. [EP]

           

           

           

          The Cure / The Greatest Hits [2LP]

           

           

           

          Cut Copy / Haiku From Zero [LP]

           

           

           

          CYMBALS / Light In Your Mind [LP]

           LTD. CREAM COLOURED VINYL 

           

           

           

          The Districts / Popular Manipulations [LP]

           800 LTD. COLORED VINYL 

           

           

           

          Geinoh Yamashirogumi / AKIRA [2LP]

           

           

           

          Great Grandpa / Plastic Cough [LP]

           LTD. COLORED VINYL 

           

           

           

          Holy / Premonition [7"]

           

           

           

          Jack Johnson / All The Light Above It Too [LP]

           

           

           

          King Gizzard & The Lizard Wizard & Mild High Club / Skethces Of Brunswick East [LP]

           

           

           

          Kitty, Daisy & Lewis / Smoking In Heaven [LP]  REISSUE 

           

           

           

          Nosaj Thing / Parallels [LP]

           

           

           

          P!NK / Beautiful Trauma [2LP]

           

           

           

          The Pains Of Being Pure At Heart / The Echo Of Pleasure [LP]

           

           

           

          Phoebe Bridgers / Stranger In The Alps [LP]  RESTOCK 

           

           

           

          Protomartyr / Relatives In Descent [LP]

           500 LTD. BLUE VINYL 

           

           

           

          R.E.M. / Automatic For The People [LP] REISSUE 

           

           

           

          Snail Mail / Habit [EP]

           

           

           

          Stars / There Is No Love In Fluorescent Light [2LP]

           

           

           

          Tender / Modern Addiction [LP]

           

           

           

          Tennis / We Can Die Happy [EP]

           

           

           

          Touch Sensitive / Visions [2LP]

           

           

           

          Weezer / Pacific Dream [LP]

           LTD. RED WITH BLACK SPLATTER VINYL 

           

           

           

          Wilsen / I Go Missing In My Sleep [LP]

           

           

           

          V.A. / Silicon Valley(OST) [LP]

           

           

           

           

          『ストレンジャー・シングス 2』を観了

          2017.10.31 Tuesday

          0

            結局2.5日の短期間で観終えてしまい今イレブンのママ状態になっている『ストレンジャー・シングス』のセカンドシーズン。という事実以上にこのドラマの面白さを語る術は持ち合わせていない。

             

             

            今回全話において涙無しに観る事ができず、その理由は「また会えたねボーイズ!」という喜びの再会と等しく、イレブンとウィルに襲い掛かる厄災があまりに過酷で同情、というより親心が発動してしまった所為もある。

             

            ファーストシーズンよりも現世界とパラレルワールド(劇中では"upsidedown"と呼ばれる世界)との接合点がデカくなっているため、物語も映像も前シーズンよりスケールアップしている訳だが、2つの世界を繋ぐ巫女的な存在であるイレブンとウィルにかかるプレッシャーもその分デカくなるのは必然といえよう。ウィルは肉体的に、イレブンは精神的にじわじわと追い詰められていく様を直視する事は非常に辛かった。だが最初に涙が溢れたのはダスティンのあ・の・マヌケな顔を観た瞬間だという事はあえて告白しておこう。

             

             

            今シーズンで前歯を新調したダスティンがちょくちょく必殺技をかますくだりは2017年ベスト・モーメントなので最近鏡の前でマネしているのだが結構難しい。(ダスティン役のゲイテン・マタラッツォによるとチューバッカのモノマネが進化したものらしい)

             

             

            制作者であるザ・ダファー・ブラザーズは「今作はより映画的なスケールを追求した」と語っており、その言葉の通りなのは予告だけでもすぐに判る。しかしながら『ストレンジャー・シングス』の面白さはそのスケール感云々よりも、「Outcasts(はみだし者)へおくる賛歌と彼等の成長譚」こそが核といえ、愛すべきキャラクターの存在が物語をグイグイと、寝る間も与えぬグルーヴを放ち続けているからに他ならない。実質『ストレンジャー・シングス』には「主人公」といえるシンボリックなキャラクターは複数居て、全キャラクターに確かなスポットライトを当てる事で「類稀なる群像劇」として昇華された非常に稀有なドラマなのだ。幼い頃はキン消しで一人遊び、高校に入っても周囲と馴染めず窓際で一人FMラジオを聴いていた私も、そして少なからず似たような経験をもつ全てのアウトキャスト達全員がマイクであり、ウィルであり、ダスティンであり、ルーカスであり、イレブンに自分を重ね合わす事ができる。僕たちの前にはいつだって『ストレンジャー・シングス』の世界へ飛び込む為の「ゲート」が開かれているのだ。

             

             

            予想が外れたら現在練習中のダスティンのモノマネをYou Tubeにアップする覚悟だが、『ストレンジャー・シングス』はシーズン3の制作がほぼ確実に決定している筈だ。本作が既にカルト化している最大の理由は「意図的に語られない無数の謎」にあり、最新シーズンでも明らかな余韻を残すラストを置き去りにして「The End」を迎えようものなら世界中に凶暴なデモゴルゴンが出没するに違いない。現時点で『ストレンジャー・シングス』は継続する事が至上命題となっている程の人気作な訳だが、『ツインピークス』の様に狂信化したファンをなだめるための「ANSWER」を無理矢理でっちあげなければならない様な事態にならなければよいのだが、、、と切に思いながらインタビュー番組『ストレンジャー・シングス ビヨンド』を全力で楽しんでいる。

             

             

             

            プライベートのガキどもはマセまくっててそれはそれでカワイくないのだがそれがショービズという世界なのだろう。

            今回はサントラ絶対入れます。