ALFFO RECORDS MOVIE REVIEW『ダンケルク』

2017.09.08 Friday

0

    明日9/9から公開、現役最強の監督として名高いクリストファー・ノーラン最新作『ダンケルク』。

    縁あって一足先に試写に行ってきた。

     

     

    最初に断わっておくと、『ダンケルク』が面白くない訳では無い。

    だが、クリストファー・ノーランは「風景画」は絶品だが「人物画」を描くマインドに大きな欠落がある、というのが今日までずっと抱き続けている持論だ。

     

    実際、今作に関するインタビューでノーランは、

     

    「ゴーグルを必要としないVR」

    「ライド型の映像体験」

     

    というフレーズを自信の口からきっぱり言い放っている。豪語するだけあって「映像作家」としてのノーランは今回も「やっぱすごいね」と誰もが顔を見合わせるだろう。

     

    だが「人物画」、すなわち物語を推し進めるべき筈の「登場人物」の描き方に全く魅力を感じ無いのは「映画」として致命的である。

     

     

    例えば直近で観た『Baby Driver』『新感染』ははっきりいって大したストーリーでは無いが、どちらもキャラ立ちが凄まじい故物語が自然と動き出す。そして魅力的なキャラクターに感情移入した我々は一層その物語に深く没入する事ができる。それは例えどんな低予算だって映画を面白く出来る最大のスパイスだ。

     

     

    あくまで個人的に、ではだが、ノーラン全作品に同じ事が言えると思っていて、実際『ダークナイト』『インセプション』『インターステラ―』も未だに「あれ、どんな話だったかな。」「どうオチたっけ。」と頭を抱える事が多い。(自脳が低スペックな問題もあるが)。おまけに上映時間が長いうえに説教くさいとすら思える浅い「生命賛歌」を謳われてイライラした記憶すらある。つまり「物語」が記憶に残らないのだ。ノーランがブレイクした『ダークナイト』はジョーカー役のヒース・レジャーが文字通り、命をかけてあ・の・凄まじいキャラクターを作り上げ、リミットを越えて物語を推進したから成立する作品である、という評価を誰が否定できようか。

     

     

    『ダンケルク』の映像はやはり凄いし美しいし迫力もあるしおまけにライド感もある。だが2時間近くもジェットコースターに乗ってたら誰だって飽きるでしょう。

     

     

    そこで映画として重要なのがやはり「物語」なのであって、「物語」「人物」の描き方に欠損があるならば『カラーでみる第二次世界大戦』とかNetflixにアップされているドキュメンタリーの方がよほど胸に迫るものがある。『ダンケルク』はあくまで実話を基にしたフィクションであって、フィクション(虚構)とは優れた嘘で現実を揺さぶる事が至上命題である。

    ノーランが敬愛して止まないスピルバーグは『ジョーズ』の時から今なお映像の革命児であるが、それ以上に稀代の「ストーリーテラー」なのであってそこに大きな差がある。遥か昔の神話や聖書やおとぎ話がいつまでも語り継がれるのは、人間が常に「物語」を欲する生き物だからだと思いませんか。ないがしろにしているとは言わないがはっきりいって『ダンケルク』にも物語のうねり=グルーヴは、無い。

     

     

    ここまでくるとノーランは「人間」そのものにあまり関心が無いのかもしれない。とすら思うがでも次も観にいくから頑張れ、ノーラン。

    Alffo Records 8/25(Fri) 入荷のタイトル (HAIM / CALVIN HARRIS / DENT MAY / 坂本慎太郎など)

    2017.08.22 Tuesday

    0

      『ベイビードライバー』を観てジョンスペとダムドを聴きまくる今日1日。

       

       

      ハンサムなくせにサブカル・アビリティーの高い英人エドガー・ライトの事は常々愛と憎悪を抱き続けてきた。

       

       


      『ショーン・オブ・ザ・デッド』→意外かもしれないが結構すきじゃない

      『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!』→すき

      『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』→観てない

      『アタック・ザ・ブロック』→ふつう

      『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』→かなりきらい

      『アントマン』→飛行機で観た割にはすき

      『ベイビー・ドライバー』→胸いっぱいの愛を

       

       

      『ベイビー・ドライバー』はミュージカルでありカーアクションでありクライムサスペンスでありラブストーリーを含んだ最新型ケイパー・ムーヴィーである。その配合バランスの素晴らしさに脚本家としてのスキルとインテリジェンスを垣間見たが、最大限に意識したであろう「映像と音楽のシンクロ」が放つグルーヴ=絶頂感には有無を言わせない加速力がある。そしてサブカル・アビリティーがエクスプロージョンしたであろう、ゲーム『GTA(グランドセフトオート)』シリーズ(特にGTA5)への愛。エドガー・ライトがGTAを知らないとは絶対言わせない。

       

       

      The Chain Gang Of 1974 "Sleepwalking"

       

      『ベイビー・ドライバー』のサントラは現在問い合わせ中。

       

       

      今週入荷のタイトルはこちら。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー VOL.2』来ます。

       

      HAIM - Something To Tell You [2LP]

       

       

      The Breeders - Pod [LP]

      Gold Vinyl

       

       

      Calvin Harris - Funk Wav Bounces Vol. 1 [LP]

       

       

      The Cribs -  24-7 Rockstar Shit [LP] 

      Indie-Retail Exclusive

       

       

      Keane - Hopes And Fears [LP]

       

       

      Dent May - Across The Multiverse [LP]

       

       

      Peaking Lights - The Fifth State Of Consciousness [2LP] 

       

       

      Shintaro Sakamoto - Love If Possible [LP]

       

       

      Foster The People - Sacred Hearts Club [LP] 

       

       

      Lil Yachty - Teenage Emotions [2LP]

      Pink Colored Vinyl

       

       

      Turnover - Good Nature [LP]

      Colored Vinyl

       

       

      V.A. - Guardians Of The Galaxy Vol. 2 [DELUXE 2LP]

       

       

       

      Summer Sale 2017のお知らせと盆期間中の営業

      2017.08.10 Thursday

      0

        お陰様で本日も大量入荷、してますが最も動いているのはStarcrawlerのデビュー7インチだったりします。

         

         

         

        色々ヤバいボーカルのArrow De WildeはLemon Twigsの弟Michael D'Addarioと付き合っている。

        というヤバいインディー・ゴシップを聞いて、彼女にマイクでボコボコに殴られたい、という夢はしばらくおあずけなのか。

         

         

        夢、と言えばDream Machineの女性Vo.ってエマ・ストーンに似てるな、と『La La Land』をBlu-Rayで観返していてふと思ったのだが、そんな事を言ったらエマ・ストーンにペンチで全ての爪を剥がれるかもしれない、と言ったら言ったでDream Machineのメンバー全員から周回リンチされる事は避けられないだろう四面楚歌。

         

         

         

        セールします。

         

         

        〈Alffo Records Summer Sale 2017〉

        8/12(Sat) Start 12:00~

         

        LP→115 タイトル

        12"/EP→38タイトル

        7"→35タイトル

         

        お盆期間中の営業ですが、8/13(Sun)のみ12:00~18:00まで、8/14(Mon)は定休日、その他は通常通り営業しております。

        是非是非お立ち寄りください。

        Alffo Records 8/8 (Tue) 入荷のタイトル (Mura Masa / Arcade Fire / Rat Columns / Soccer Mommy / La La Land (OST)など)

        2017.08.05 Saturday

        0

          夏の風物詩であるフジロックが終わり、額のサード・アイを開こじ開けた下山者達からの土産話をひたすら右から左に受け流した1週間。

           

          今年はどこにも行っていないしどこにも行くつもりもない。貧乏暇無し。

          暑さも手伝って小沢仁志のごたる形相が我ながら板についてきたな、と1人アウトレイジしていると天使は降りてきます↓

           

          こんっな可愛い娘が来てくれるなんて誰が思いますか(方正)。

          Abraをこの子からを遠ざけたくなる気持ちも判ってください。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          来週8/8入荷のタイトル達です。

          Mura Masa、Arcade Fireのビッグタイトルからデヴィッド・リンチ『イレイザー・ヘッド』『ロスト・ハイウェイ』のサントラ、一押しSoccer MommyやChildhoodなど。試聴リンクつけてますので是非お付き合いください。(Abra最高)

           

          Abra - Princess [12'' EP]

           

           

          Alex Lahey - B-Grade University [LP]

          Restock

           

           

          Arcade Fire - Everything Now [LP]

          Night Version Blue Colored Vinyl

           

           

          Baio - Man Of The World [LP]

           

           

          Big Boi - Boomiverse [2LP]

          Blue And White Swirl Colored Vinyl

           

           

          Big Thief - Capacity [LP]

           

           

          The Buttertones - Gravedigging [LP]

           

           

          The Chain Gang Of 1974 - Felt [LP]

           

           

          Childhood - Universal High [LP]

          Red Colour LP

           

           

          Cold War Kids - LA Divine [LP]

           

           

          Croatian Amor - Finding People [12'']

           

           

          David Lynch & Alan R. Splet - Eraserhead (Soundtrack) [LP+7'']

          Silver Colored Vinyl

           

           

          Dedekind Cut - American Zen (Special Edition) [2LP]

           

           

          Dip In The Pool - On Retinae [12'']

           

           

          DJ Harrison - HazyMoods [LP]

           

           

          Downtown Boys - Cost Of Living [LP] 

           

           

          Dua Lipa - Dua Lipa [LP]

           

           

          Institute - Subordination [LP]

          Clear Colored LP

           

           

          Katie Ellen - Cowgirl Blues [LP]

           

           

          Kiefer - Kickinit Alone [LP] 

           

           

           The La's - The La's [LP]  

          Reissue

           

           

          Logic - Everybody [2LP] 

          Restock

           

           

          London Grammar - Truth Is A Beautiful Thing [LP]

          Restock

           

           

          M83 - Go! [12'']

          Blue Colored Vinyl, limited

           

           

          Molly Nilsson - Single [7''] 

           

           

          Mura Masa - Mura Masa [LP]

           

           

          Nilufer Yanya - Plant Feed [12'']

           

           

          Palm - Shadow Expert [LP]

           

           

          Pantha Du Prince - The Triad: Ambient Versions [LP]

           

           

          Photay - Onism [LP]

           

           

          Portugal. The Man - Woodstock [LP]

           

           

          Rat Columns - Candle Power [LP]

           

           

          Ron Sexsmith - The Last Rider [2LP]

           

           

          Royal Blood - How Did We Get So Dark? [LP]

           

           

          Shugo Tokumaru - Toss [LP]

           

           

          Slow Dancer - In A Mood [LP]

           

           

          Soccer Mommy - Collection [LP]

           

           

          Justin Hurwitz - La La Land [2LP]

           

           

          Tall Friend - Safely Nobody's [LP]

           

           

          Talsounds - Love Sick [LP]

           

           

          Urochromes - Night Bully [7'' EP]

           

           

          Various Artists - Lost Highway (Soundtrack) [2LP]

           

           

          The Vines - Highly Evolved [LP]

          Reissue

           

           

          Waxahatchee - Out In The Storm [2LP+12''] 

          White Colored Vinyl 12''

          Restock

           

           

          Yowler - The Offer [LP] 

          Colored Vinyl

           

           

           

          And White Swirl Colo

          Alffo Records 対訳ピックアップ NO. HAIM "WANT YOU BACK"

          2017.07.25 Tuesday

          0

            <Text By Seiji Nakashima & Tina>

             

            デビューアルバムで小さくない成功を手にしたバンドは膨大なプロモーション、ツアーの連続によって心身共に疲弊し、結果ダークサイドに陥る事がまま多い。既にリリースされているので多くの人が耳にし、心躍らせているだろうが、Haimの2作目『Something To Tell You』は全くもって、それら多くのバンドに宿命的に立ちはだかる「鬼門」を回避し、誰もが狂喜する(できる)セカンドアルバムを完成させた。「姉妹の絆」はあまりに強い。

             

            女性アーティストばかりで申し訳ないが(別に申し訳ないと思ってないが)優れた女性アーティストが次々と素晴らしい作品をリリースするので全然僕の所為じゃない。

             

             

            今回はHaim"Want You Back"。

             

             

            ・Haim

            Este Haim、Danielle Haim、Alana Haimの3姉妹によるインディ・ロックバンド。"Fallin'"、"Forever"、"Don't Save Me"とシングルを全ヒットさせ、デビューアルバム『Days Are Gone』を異例の大成功に導いた。「最も次作が待たれるガールズ・バンド」による最新作『Something To Tell You』を2017年7月リリース。長女Este Haim(Bass)がパフォーマンス中に繰り出す百面相はHaimの風物詩。

             

             

             

            Some things are long forgotten

            Some things were never said

            We were on one endless road

            But I had a wandering heart

             

            長く忘れられた事もある

            何も伝えられなかった事もある

            2人で終わりのない道を歩いていたつもりだけど

            でも私の心はいつも揺らいでいたの

             

             

            I said we were opposite lovers

            (Said it from the beginning)

            you kept trying to prove me wrong

            (Said you'd always see it through)

            and I know that I ran you down

            So you ran away with your heart

             

            私たちは正反対だったし

            (はじめから言っていたけど)

            あなたはそれは間違いだって言い聞かせようとした

            (全部お見通しだって言ってたわよね)

            あなたの事を悪く言ってしまった事はよく判ってる

            だからあなたは気持ちを抱えたまま去ってしまったのね

             

             

            ※But just know that I want you back

            Just know that I want you back

            Just know that I want you,

            I'll take the fall and the fault in us

            I'll give you all the love I never gave before I left you

             

            Just know that I want you back Just know that I want you back Just know that I want you,

            I'll take the fall and the fault in us

            I'll give you all the love I never gave before I left you※

             

            ※帰ってきてほしいのよ

            お願いだから私の所に戻ってきてほしい。お願いだから判ってほしいの。

            私にはあなたが必要で、二人の過ちは全て私が背負うから

            これまでに与えられなかった全ての愛をあなたに捧げるから※

             

             

            I know it's hard to hear it

            And it may never be enough

            But don't take it out on me now

            'Cause I blame it all on myself

             

            聞くのが辛いのは分かっているわ

            満たされる事なんで無いって事も

            でも今は八つ当たりしないでよ

            全部自分のせいにしちゃうから

             

             

            And I had a fear of forgiveness

            (Said it from the beginning)

            I was too proud to say I was wrong

            (Said you'd always see me through)

            but all that time is gone

            No more fearing control, I'm ready for the both of us now

             

            私はあなたを許すのが怖かったし

            (最初から言ってたでしょ)

            傲慢すぎて間違えも認められなかったの

            (あなたはいつも見通していたわ)

            でももう時は過ぎたから

            「支配」を恐れず、全てを受け入れる準備はできてるのよ

             

            ※Repeat※

             

             

            今回はあまり内容についてごちゃごちゃ言いません。

            ガールズ・バンドだから、という一面的な見方をせず、「"I"は男でも女でもどちらでもあって私であり貴方でもある」という視点で詠んでもらって、それで共感できなければそれまでかと。

             

             

            MVについて少し。ゴーストタウンの様な虚無的な街は先日他界したゾンビの父=ジョージ・A・ロメロ映画の様であり、Haim姉妹のダンスとも言えないダンスはとことんやる気の無いミュージカルみたいで、凄くカワイイ。

            監督は『Paper Town』で知られる実力派Jake Schreierだそう。

             

            『きっと、星のせいじゃない。』の原作者×『(500)日のサマー』のスタッフが贈る、キュートでビターな青春ラブ・ストーリー。

            オーランドに住むクエンティンとマーゴは幼馴染。クエンティンは幼い頃、初めて会ったときにマーゴに一目惚れ。

            しかし、成長するにつれて2人の仲は疎遠になっていた。ところが、高校卒業が数週間後に迫ったある夜、マーゴがクエンティンの部屋の窓から突然現れる。彼女は自分が二股をかけられていたことに腹を立て、恋人やその友人に対して仕返しを企んでいたのだった。クエンティンはマーゴの復讐を手伝い、楽しい一夜を過ごす。だが、翌日からマーゴは学校に登校しなくなる。彼女のことが心配でたまらないクエンティンは、ミステリー好きの彼女が残した手がかりを追って、居場所を突き止めようとするが…。(Filmarksより)

             

             

            なるほど"Want You Back"のMVにJake Schreierが起用された理由がちょっとだけ判る気がする。

            記憶が正しければ『Paper Town』は日本未公開だった筈なので折角なので観てみよう。(皆さんも)