ALFFO RECORDS WEEKLY PLAYLIST Vol.

2020.03.12 Thursday

0

     

    東日本大震災から9年が経過した昨日2020/3/11。1日で完走したドラマは初めてだと思うHBO制作『チェルノブイリ』。

     

    あまりに有名なので説明は不要であろうチェルノブイリ原発大事故を扱った実録ドラマ。

    全編クライマックスの全編カタストロフ。史実を忠実に再現しながらもサスペンスホラー、ポリティカルスリラー、バディものとして疑い様の無い超傑作なのは明らかであり、当然ながら積極的に語られる事の無い「放射線」の恐怖が測定器の不穏なノイズと共に全身に襲い掛かる。

     

     

    事態の原因究明、及び収束にあてがわれた主人公であり核物理化学者ヴァレリー・レガソフは原発に携わる権威者達の「LIE=嘘」の連鎖こそが人災事故であるチェルノブイリ原発事故の最大の悲劇だと事故後の裁判で証言するクライマックス、だがそんなレガソフの様に真実を告発して直接的に、あるいは間接的に抹殺された人物など世界中に山ほどいる。コロナウィルスが未曾有の猛威を奮うパンデミック状態にある今、私達は「個」として未知のウィルス、及び「国民の命よりも優先される国家(=システム)のプライド」に対して、知恵と知識を武器にサバイブする術を身につけ戦わねばならない。

     

    アントン・サンダー・ラヴェイ

    「サタン(=告発するもの)が象徴するのは空々しい自己欺瞞ではなく、汚れなき知恵である!」

     

     

    「何も知らない小市民が何をクソ真面目な事を」と言われてもそれは事実なので仕方の無い事ですが、今日の様な「超現実」に対する、知識と知恵、あと想像力を与えてくれるのは紛れもなく優れた「フィクション」、「アート」、「ユーモア」、「クリエイティヴ」、「ファンタジー」(チェルノブイリには一部架空の人物も登場します)に他ならない、と『チェルノブイリ』を観て改めて強く思った。

     

    ともあれ気になった方は一刻も早く観てください『チェルノブイリ』。めちゃくちゃ面白いです。

     

     

    今回も大幅遅刻したプレイリストです。

     

    Yo La Tengo - Nuclear War

    Sun Raのカバー。原爆、放射能、突然変異、核戦争。マザーファッカー。

     

     

    The Chats – Dine N Dash

    Dine=飯 Dash=逃亡。つまり食い逃げ。

    油まみれのパブ飯を心から愛し、ハイソなレストランの高級食は食い逃げでOK、とのたまうThe Chatsは本当に美しい。

     

     

    GIRL SKIN - Forever & Always

    SXSWに出演予定だったブルックリンの6人組チェンバーロックバンドのデビュー・アルバムから。

    フロントSid Simonsのカリスマとこの曲のラスト1分の強烈なカタルシスに驚愕。

     

     

    Boniface - Wake Me Back Up

    現代のDavid Bowie、ネクストThe 1975と称されるカナダのSSW=Bonifaceの強烈なデビューアルバムから。

     

     

    Mush - Revising My Fee

    店内絶賛ヘビロテ中。トイレに行くのもツッコむ隙も与えない多様な展開とギタープレイ。「思わず息をのむ」、とは是非ともこのアルバムに捧げたい。

     

     

    Maurice Fulton & Peggy Gou - Jigoo

    大先輩Maurice FultonとコラボしたPeggy Gouのデトロイトクラシックオマージュ。

     

     

    Pale Blue - I Walk Alone At Night

    「この恐怖は現実なのか」

    「安心できるのは寝ている時だけ」

    「枕もとにはいつもナイフとバット」

    「この身体は本当に私のものなの?」

     

    と、ホラー映画のキャッチコピーみたいな文言のみで構成されたダークなニューウェーヴでお察しの通り私超タイプのシングル。

     

    Years of Denial - Human You Scare Me (Silent Servant Remix)

    インダストリアル/EBMデュオの2019年リリース『Suicide Disco』収録曲をSilent Servantがリミックス。The 不穏。

     

     

    Empress Of - Give Me Another Chance

    セルフタイトル、といっても過言では無いおそらく最高傑作3rdアルバム『I'm Your Empress Of』からのリードトラック。

     

     

    Ashnikko - Manners

    Billie EilishよりもPoppyに近いが凶暴性と各曲のパンチラインのキレは彼女の圧勝であろうライオットパンクガールの強烈な一撃。

    ALFFO RECORDS WEEKLY PLAYLIST Vol.

    2020.03.02 Monday

    0

      ゲストにSEIHO, YUMYを迎えるALFFO RECORDS企画『ECHOPRAXIA』。

       

       

      ECHOPRAXIAとは精神医学用語で「反響動作」である、と意味を知るのは後の話で、タイトルをどうしようか悩んでいた時に手にしたSF小説から拝借したものです。なので深い意味はありません。

       

      とにかく明るい話題が全くない昨今ですが、こんな時こそ「ニッコリ笑ってやり過ごせ(ツイン・ピークス)」のマインドで楽しみたいと思ってます。さらに、この日の為にサウンドシステムをグレードアップ(これがかなりヤバい)しましたので是非とも彼らの超絶妖艶プレイを味わいに来てください。

       

       

      そんな訳で今回は私が3/7の当日プレイすると思われる楽曲をセレクトした新旧問わずのプレイリスト。

       

      TNGHT-Dollaz

      「ゲシュタルト崩壊」ってやつですね。

       

       

      HIDE - Raw Dream

      「DaisレーベルDai好き!」と死ぬほどつまらない洒落を思いついた私の頭はコロナヴァイラスに侵されているのかもしれない。それにしても超強烈な音と映像。謎の肉塊を散歩する奇女Heather Gabel率いるインダストリアルデュオの最新作『HELL IS HERE』(笑)収録。

       

       

      Brian Eno - Glitch

      Brian Eno先生は時々この様なスーパーキラートラックをさらりと披露されるのでほんとに侮れない。

       

       

      Loraine James - Glitch Bitch

      Brian Enoからの"Glitch"繋がりで。嗚呼かっこいい。

       

       

      Seiho - Plastic

      左右の頬を均等にビンタされ続けている様な4分30秒間。

       

       

      !!! - $50 Million

      アルバムの中ではこの曲をいつもプレイしています。

       

       

      The Chemical Brothers - Hey Boy Hey Girl (Kink Extended Remix)

      昨年で20周年を迎えた名盤『Surrender』。色々なリミックスがあるけどもどれもイマイチだったのに対し、流石の手腕をみせたKinkバージョン。

       

       

      Jeff Mills - Changes Of Life

      Derrick Mayの”Strings Of Life"へのアンサーとして制作された、と聞いた事があるJeff Mills'sクラシック。

      20年くらい前にイギリスのレコード屋で発見した時は感動しました。(案の定ストリーミングには無かった)

       

       

      Riki - Napoleon

      これも〈Dais〉発。アナログ間もなく入荷です。

       

       

      Choir Boy - Complainer

      本当にすいませんこれも〈Dais〉です。デビューアルバムのアンニュイさはそのままにポップに振り切った最強のリード。

      こちらも近日入荷予定。