Alffo Records 対訳ピックアップ NO. PHOEBE BRIDGERS "MOTION SICKNESS"

2017.12.26 Tuesday

0

    <Text By Seiji Nakashima & Tina>

     

    何度も何度もリストックするが足早に去っていくPhoebe Bridgersのデビューアルバム『Stranger In The Alps』。リード曲"Motion Sickness"が話題になっているが、なんとなくアフタークリスマスにアップする事が常識人として正しい行為の様な気がしたので本日解禁。

     

     

    ■Poebe Bridgers

    米カリフォルニア発の女性SSW。2016年、デビューシングル『Killer』をライアン・アダムス主催のレーベル〈Pax American〉よりリリース。同年にはJulien Bakerのツアーサポートをつとめ、今年デビューアルバム『Stranger In The Alps』をリリース。

     

     

    I hate you for what you did
    And I miss you like a little kid
    I faked it every time but that's alright
    I can hardly feel anything
    I hardly feel anything at all

     

    あなたがしたことが大嫌い

    でも子供みたいにあなたのことが恋しいの

    その都度偽っていたけど、それでよかったのよ

    もう何も感じない

    何もかも感じなくなったわ

     

     

    You gave me fifteen hundred
    To see your hypnotherapist
    I only went one time, you let it slide
    Fell on hard times a year ago
    Was hoping you would let it go and you did

     

    あなたは私にお金を渡して

    「催眠療法師に会いに行け」って

    1度だけ行ったのよ, あなたは気にもかけてくれなかったけど

    1年前は本当に辛くて、放っておいてって思ったし、結局あなたはそうしたわよね

     

     

    *

    I have emotional motion sickness
    Somebody roll the windows down
    There are no words in the English language
    I could scream to drown you out

     

    私の心は乗り物酔いしたみたいにフラフラで

    だから誰かに窓を開けてほしい

    言葉にはできないくらいなの

    でも思いっきり叫んであなたをかき消すことが出来るわ

     

     

    I'm on the outside looking through
    You're throwing rocks around your room
    And while you're bleeding on your back in the glass
    I'll be glad that I made it out
    And sorry that it all went down like it did

     

    私は外から見ているけど

    あなたはガラスに囲まれた部屋で石を投げている

    だから背中から血を流し続けるの

    私はそこから出れたことを嬉しく思う

    そしてあなたがそんな風に落ちぶれたことに同情するわ

     

    *Repeat

     

    And why do you sing with an English accent
    I guess it's too late to change it now
    You know I'm never gonna let you have it
    But I will try to drown you out

     

    ねぇ、あなたはなぜ英国アクセントで歌うの?

    もうその癖を直すことは手遅れだと思うけど

    でもあなたのものには絶対させないからね

    あなたをかき消そうをし続けるから

     

     

    You said when you met me you were bored
    You said when you met me you were bored
    And you, you were in a band when I was born

     

    私たちが出会った日、「毎日退屈なんだ」って言ってたわよね

    私たちが出会った日、「毎日つまらないんだ」って言ってたわよね

    そして私が生まれた時、あなたはすでにバンドを組んでいたんだっけ

     

     

    I have emotional motion sickness
    I try to stay clean and live without
    And I want to know what would happen
    If I surrender to the sound
    Surrender to the sound

     

    私の心は乗り物酔いしたみたいにフラフラで

    汚れずに、苦しまないように生きようと頑張っているの

    これから私がどうなるか、あなたにわかってもらいたいの

    私がもし、音に身を委ねたら

    私がもし、音に身を委ねたら

     

     

     

    The xx"On Hold"の歌詞に共通しないでもないが、この物語、彼女の実体験に登場する恋愛対象(男と仮定)はオリバーの様なセンシティヴな優男では無く、推定年齢40〜50歳(Phoebeが今23歳、彼女が生まれた時既にバンドをしていたというパートに順じて)のヤリ〇ンミュージシャンであろう。"English Accent"というくだりが注意を逸らす為のフェイクで、相手が実はRyan Adams(現43歳)だったら洒落にならないが、Phoebeのデビューの前年に離婚した経緯を鑑みると少し勘ぐってしまう(井上公造メソッド)。

     

     

    Phoebeの1人称視点で簡潔に語られる本曲の歌詞に小難しい考察は不要の様に思える。

    "Motion Sickness"はイニシエーションを経て、過去にケリをつけたポジティヴな歌である事は「喪服の様なメンズスーツを纏うPhoebeの出で立ち(自身の過去を弔うが故)」、そしてラスト「If I surrender to the sound」という穏やかに幕を降ろす一節に顕著である。「The sound」とは成長を経たPhoebe Bridgers自身が奏でるサウンドなのか、あるいは新しい恋人を指すメタファーなのか。いずれにせよ金を渡してセラピーにいかせる様なオヤジの奏でるサウンドでは無い。(ところでPhoebeは相当メンヘラなのか?)

     

     

    ここでひとつ勉強。訳者の解説無しには知る由もなかったパートだが、

     

    You're throwing rocks around your room
    And while you're bleeding on your back in the glass

     

    は直訳すると野暮ったいが、ヨーロッパ圏で用いられることわざ↓

     

    People who live in glass houses should not throw stones

     

    の言い換えで、日本のそれに置き換えるなら「人を呪わば穴二つ」、もっとくだいて言えば「因果応報」、「バチあたり」に該当する様だ。なるほど先人は面白い言い回しを思いついたものだ。

     

     

    結論。恋愛とは良い時も悪い時も「酔い」を伴うが、乗った先がバンドマン/ミュージシャンである時は特にシートベルトをきつく締めるべし。

     

     

    以上。来年もこんな感じでマイペースに訳してきたいと思います。(訳すのは自分の仕事では無いのだが、、)

    来年も何卒宜しくお願いします。

    コメント
    返信が遅くなり大変申し訳ございません。対訳気に入ってもらえまして大変嬉しく思います。訳者も飛び上がって喜んでました。それにしてもMarshall Voreさんは罪深いヤツですね。でもそれで"Motion Sickness"が生まれた事を考えると複雑な気持ちですが。次回の対訳もご期待下さいませ。

    Alffo Records ナカシマ
    • by Alffo Records
    • 2018/01/20 7:11 PM
    コメント失礼します。
    最近この曲を知って和訳が気になり、アルバムを買って対訳を見てみたのですが理解力の無さでイマイチしっくり来ず、参っていた時にここにたどり着きました。
    ことわざの件も含めとても解り易く、丁度失恋したての自分には色々突き刺さりましたが何とか致命傷で済みました。Alffo Recordsさんの対訳のお陰ようやくこの曲を咀嚼出来た様に思えます。あと、Phoebeメンヘラっぽいなと感じましたが自分だけでは無かったようです笑。

    ちなみに既にご存知なのかもしれませんが彼女の歌に度々登場する元カレはRyan Adamsではなく、そのドラマーでPhoebeの共同制作者でもある(あった?)marshall voreという人だそうです。彼のツイッターを遡るとPhoebeとのツーショット写真が出てきます(週刊誌メソッド)

    • by dogmasan
    • 2017/12/30 2:13 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL