Alffo Records 対訳ピックアップ NO. HAIM "WANT YOU BACK"

2017.07.25 Tuesday

0

    <Text By Seiji Nakashima & Tina>

     

    デビューアルバムで小さくない成功を手にしたバンドは膨大なプロモーション、ツアーの連続によって心身共に疲弊し、結果ダークサイドに陥る事がまま多い。既にリリースされているので多くの人が耳にし、心躍らせているだろうが、Haimの2作目『Something To Tell You』は全くもって、それら多くのバンドに宿命的に立ちはだかる「鬼門」を回避し、誰もが狂喜する(できる)セカンドアルバムを完成させた。「姉妹の絆」はあまりに強い。

     

    女性アーティストばかりで申し訳ないが(別に申し訳ないと思ってないが)優れた女性アーティストが次々と素晴らしい作品をリリースするので全然僕の所為じゃない。

     

     

    今回はHaim"Want You Back"。

     

     

    ・Haim

    Este Haim、Danielle Haim、Alana Haimの3姉妹によるインディ・ロックバンド。"Fallin'"、"Forever"、"Don't Save Me"とシングルを全ヒットさせ、デビューアルバム『Days Are Gone』を異例の大成功に導いた。「最も次作が待たれるガールズ・バンド」による最新作『Something To Tell You』を2017年7月リリース。長女Este Haim(Bass)がパフォーマンス中に繰り出す百面相はHaimの風物詩。

     

     

     

    Some things are long forgotten

    Some things were never said

    We were on one endless road

    But I had a wandering heart

     

    長く忘れられた事もある

    何も伝えられなかった事もある

    2人で終わりのない道を歩いていたつもりだけど

    でも私の心はいつも揺らいでいたの

     

     

    I said we were opposite lovers

    (Said it from the beginning)

    you kept trying to prove me wrong

    (Said you'd always see it through)

    and I know that I ran you down

    So you ran away with your heart

     

    私たちは正反対だったし

    (はじめから言っていたけど)

    あなたはそれは間違いだって言い聞かせようとした

    (全部お見通しだって言ってたわよね)

    あなたの事を悪く言ってしまった事はよく判ってる

    だからあなたは気持ちを抱えたまま去ってしまったのね

     

     

    ※But just know that I want you back

    Just know that I want you back

    Just know that I want you,

    I'll take the fall and the fault in us

    I'll give you all the love I never gave before I left you

     

    Just know that I want you back Just know that I want you back Just know that I want you,

    I'll take the fall and the fault in us

    I'll give you all the love I never gave before I left you※

     

    ※帰ってきてほしいのよ

    お願いだから私の所に戻ってきてほしい。お願いだから判ってほしいの。

    私にはあなたが必要で、二人の過ちは全て私が背負うから

    これまでに与えられなかった全ての愛をあなたに捧げるから※

     

     

    I know it's hard to hear it

    And it may never be enough

    But don't take it out on me now

    'Cause I blame it all on myself

     

    聞くのが辛いのは分かっているわ

    満たされる事なんで無いって事も

    でも今は八つ当たりしないでよ

    全部自分のせいにしちゃうから

     

     

    And I had a fear of forgiveness

    (Said it from the beginning)

    I was too proud to say I was wrong

    (Said you'd always see me through)

    but all that time is gone

    No more fearing control, I'm ready for the both of us now

     

    私はあなたを許すのが怖かったし

    (最初から言ってたでしょ)

    傲慢すぎて間違えも認められなかったの

    (あなたはいつも見通していたわ)

    でももう時は過ぎたから

    「支配」を恐れず、全てを受け入れる準備はできてるのよ

     

    ※Repeat※

     

     

    今回はあまり内容についてごちゃごちゃ言いません。

    ガールズ・バンドだから、という一面的な見方をせず、「"I"は男でも女でもどちらでもあって私であり貴方でもある」という視点で詠んでもらって、それで共感できなければそれまでかと。

     

     

    MVについて少し。ゴーストタウンの様な虚無的な街は先日他界したゾンビの父=ジョージ・A・ロメロ映画の様であり、Haim姉妹のダンスとも言えないダンスはとことんやる気の無いミュージカルみたいで、凄くカワイイ。

    監督は『Paper Town』で知られる実力派Jake Schreierだそう。

     

    『きっと、星のせいじゃない。』の原作者×『(500)日のサマー』のスタッフが贈る、キュートでビターな青春ラブ・ストーリー。

    オーランドに住むクエンティンとマーゴは幼馴染。クエンティンは幼い頃、初めて会ったときにマーゴに一目惚れ。

    しかし、成長するにつれて2人の仲は疎遠になっていた。ところが、高校卒業が数週間後に迫ったある夜、マーゴがクエンティンの部屋の窓から突然現れる。彼女は自分が二股をかけられていたことに腹を立て、恋人やその友人に対して仕返しを企んでいたのだった。クエンティンはマーゴの復讐を手伝い、楽しい一夜を過ごす。だが、翌日からマーゴは学校に登校しなくなる。彼女のことが心配でたまらないクエンティンは、ミステリー好きの彼女が残した手がかりを追って、居場所を突き止めようとするが…。(Filmarksより)

     

     

    なるほど"Want You Back"のMVにJake Schreierが起用された理由がちょっとだけ判る気がする。

    記憶が正しければ『Paper Town』は日本未公開だった筈なので折角なので観てみよう。(皆さんも)

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL