STAR WARS フォースの覚醒✕バトルフロント✕カイロ・レンを誉めよ

2015.12.27 Sunday

0
    今年も色々な場所でDJさせてもらったが、下半期に最もプレイした曲は何を隠そうこの"帝国マーチ"である。



    スターウォーズの最新作"フォースの覚醒"にあやかったライトなファンのささやかな"乗っかり"である。(そんな事をさっぴいてもこの帝国マーチはやはりカッコいい)

    そんなライトなファンながら、今回IMAX+3Dでスターウォーズの最新作を観てきたのだが、少なくとも3回は涙したし(比喩的な意味では無く)、新旧ファンも納得のエンターテイメント作品として申し分ない傑作だった事は絶対に絶対に間違いないのでは無いだろうか。エピソード4〜6のベースありき(本気で新作を楽しむならこれらに加え"ピープル Vs ジョージルーカス"予習は必至)にせよ、主人公のレイ、ポー・ダメロン、BB-8、その他ニューキャラクターの全てが新たなサーガを牽引する魅力を十二分に発揮していた。今作からスターウォーズの世界に飛び込むのも決して悪く無いと思う。

    本筋は置いておいて、今回のキャスティングにはコーエン兄弟の目下最新作にして個人的にも大大大好きな

    "インサイド・ルーウィン・デイヴィス"

    から2人も主演級で起用されている。反乱軍の英雄ポー・ダメロンと敵ボス、カイロ・レンがそうだ。

    ダメロンことオスカー・アイザック(左)、ベイダー卿に憧れるカイロ・レンことアダム・ドライバー(右)。


    オスカー・アイザックはポー・ダメロンなんつってご当地ゆるキャラの様な脱力ネーミングを与えられているが今回も相変わらず味のあるいい役回りだ。

    名前からはこんなイメージ


    注目はベイダー卿にとって代わるカイロ・レン。早々にトレードマークのマスクを自ら取ってしまうのだが、この悪のカリスマの素顔にどん引きした紳士淑女は少なく無いだろう(是非大スクリーンで)。黒田勇樹とスッピンのマリリンマンソンをBPM165くらいでマッシュアップした様な憎たらしい顔はそれだけで強烈なダークフォースを放つ。"馬面運転手"、"鼻の人"、"溶けた飴細工"等、呼び方は貴方の自由だ。

    しかし、この3人のセッション↑で一番個性を発揮しているのはアダム・ドライバーその人であり、彼の放つ"なんか異物感"はこの顔面無しには語る事ができない。という意味では、散々文句を言われている「トレードマークのマスクを早々に脱ぐ」必要性もあったのでは無いか。更に、カイロ・レンのキャラクターが持つバックボーンを思えば、昔はいじめられっ子で、未だにコンプレックスを抱えてそうな表情をみせる事ができるアダム・ドライバーのキャスティングは絶妙。嫌いだけどほっとけない、ほっとけないけどやっぱ嫌い、とアンビバレンスな感情を呼び起こす彼の役者力をもっと評価してみてはどうだろう。

    と、あまりにカイロ・レンの悪口を良く目にするので保護ってみました。

    次の話題はこれ。


    時間を見つけてちょっとずつプレイしているのだが、簡単に言えばStar Warsの世界を借りたサバゲー。
    オンラインメインなので僕の様なヘタクソなライトゲーマーに与えられるのはひたすら"死の嵐"。
    しかしこの手でルークやベイダーやハン・ソロやボバ・フェットを操り、憧れのXウィングやタイファイターに乗って繰り広げる航空戦にはやはりエクスタシーの連続である。(今回の"フォースの覚醒"の航空戦は3Dで観ると迫力がすごい。特に1人称視点)

    お正月はおせちとお雑煮とバトルフロントでひとつ皆さんもどうでしょう。(上手な人指南して下さい)
    コメント
    山岸様

    コメントの返事遅くなって大変申し訳ありません。そういう場合は彼女をクロロホルムで優しく寝かしつけてあげて下さい。あと年は必ず越すものです。諦めて下さい。

    駄文だらけですが今後とも宜しくお願いします♪
    今から一人でみにきたいのですが、、彼女の足止めを食らっています。どうすればいいですか?

    年をこしそうです、どうすればいいですか?

    ブログ面白いです、チェックします!笑
    • by gisu(やまぎし)
    • 2015/12/29 1:33 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL