オズパンクプロイテーション勃発。AMYL AND THE SNIFFERSと美しきライオット・ガールズ 2018

2018.02.02 Friday

0

    襟足が極端に長ければ札付きの不良だと判断してかまわない。

    オーストラリア発のパンクバンドAMYL AND THE SNIFFERS遂にデビュー。

     

     

    元々仲間内のハウス/ガレージでプレイするパーティパンクバンドだったそうだが、自主リリースした2本のカセットが話題に。その2タイトルをコンパイルしたLPがこの度オージーレーベル〈Homeless〉からリリースされた。彼女達のすばらしさはStarcrawlerよりもセクシャルで低俗でデタラメでインチキ臭い所にある(Sniffers,Blowjobsといった単語に顕著)。レーベルでいえば〈Burger〉や〈Flying Nun〉が好みそうな音だがサイケ臭は一切しない。アルバム通して30分も必要としなければ、オーストラリア産エクスプロイテーション映画(=オズプロイテーション)の様なC級くさいMV群も好ましい。世界各地で次々とネオ・パンクスが登場しはじめているが、オーストラリアからいち早くムーヴメントを起こすのはAMYL AND THE SNIFFERSだと確信したい。

     

    AMYL AND THE SNIFFERSのフロント=Amy Taylorをはじめ、2018を真っ赤に染めるであろう注目のガールズコレクション。

    皆さんはこの中の誰に罵倒されたいのでしょう。私は全員にです。

     

     

    2018 Riot Girls Collection

     

    1.Amy Taylor  (Amyl And The Sniffers)

     

     

     

    2.Arrow De Wilde (Starcrawler)

     

     

    3.Rakel Mjöll, Alice Go, Bella Podpadec (Dreamwife)

     

     

    4.Lou Rebecca

     

     

    5.Caroline Rose

     

     

    Lou Rebeccaは近日〈Italians Do It Better〉からカラー・ヴィイナルで入荷予定。

    SHAMEが巻き起こすポスト・パンクハリケーン

    2018.02.01 Thursday

    0

      先日The FallのMark E. Smithが他界した。The Fallの存在を知ったのは遅ればせながらではあるが、Andrew WeatherallのDJ Mix『Sci-Fi-Lo-Fi Vol. 1』に収録されていた"New Big Prinz"だったと記憶している。

       

      彼のSpit Rapとでも言うべき唱法は今聴いても攻撃性を失っていない。

      それはMark E. Smithが社会に抱える怒りやアイロニー、焦燥感が「リアル」であり続けるからだと思う。

       

      時を越えて2007年、These New Puritansが出現した時はリアルにThe Fallの新曲かと思った。

      他、Mark E. Smithの影響はPrimal ScreamやPavement,Late Of The Pierにまで多岐に及ぶ。

       

       

       

      そして2018年、デカダンス(病的感受性)を養分とするPost Punkをマッチョ化させ、威嚇的な鋭い眼光とふてぶてしさ、

      有り余るフラストレーション解きを放つニュー・ワーキング・クラスヒーロー=Shameがサウス・ロンドンから登場した。

      彼等もまたMark E. Smithの子供達だ。

       

       

      Shameの強靭なリフとビートを刻むパンクサウンドに最も近いのはThe FallでもJoy Divisionでも無くThe Damnedかもしれない。そして現行ならばテキサスのマッド・パンクスInstituteに共鳴する。

      だが"One Rizla"を聴けば彼等がただ消失点に向かって突き進むだけの短命型パンクバンドでは無く、アンセムメイカーとしての資質を兼ね備えている事がすぐに判る筈だ。こんなハイポテンシャルな新人に出会った記憶は今日まで恐らく無かったと思う。

       

       

      男性諸君、アレが勃たないならば恥ずかしがらないでバイアグラを飲めばいい。だが中指を勃てるなら直ちに爆音でShameを聴け!!

       

      Recommend Post Punk 10

      CHAIN OF FLOWERS / S.T. (LP)

      FUFANU / SPORTS (2LP)

      HELTA SKELTA / NIGHTCLUBBIN' (7")

      HOLOGRAMS / S.T. (LP)

      INSTITUTE / SUBORDINATION (LTD. CLEAR LP+DL CODE)    

      ISOLATION BERLIN / UND AUS DEN WOLKEN TROPFT DIE ZEIT (LP+DL CODE

      MAXIMO PARK / OUR EARTHLY PLEASURES (LP)

      POW! / CRACK AN EGG (LP)

      PROTOMARTYR / RELATIVES IN DESCENT (LTD. BLUE LP+DL CODE)

      WALL / UNTITLED (LP)

       

       

      1/23 (Tu) 入荷のタイトルその ( Tyler, The Creator, Young Thug, Call Me By Your Name (OST), Nine Inch Nailsなど)

      2018.01.19 Friday

      0

        久々のオーダー爆発で只今受注と出荷に追われています。沢山のご注文に感謝しかありません。

         

        来週はShameとPorchesも入荷予定。瞬殺だったDream Wifeも大量再入荷します。

        2月にはThe xx"On Hold"のリプレス分もリストックできるかと思うのでどうか顔を上げて下さい。

         

         

         

        最近ハマっているHelta Skelta。

         

         

         

        一昨日の入荷案内の続きです。

        タイトルが多いのでスクロールするのも一苦労、ましてや聴くのなんてもっと大変かとは思いますが是非ご精査下さい。

        到着は1/23!!

         

         

        The New Respects - Here Comes Trouble [10'']

         

         

        Nine Inch Nails - Broken [LP+7'']

         

         

        Nine Inch Nails - The Downward Spiral [2LP] 

         

         

        No Sun - If Only [LP]

         

        The Other Stars - We Were Kids [LP]

         

         

        Police Des Moeurs - Dedales [LP] 

        LTD. 500

         

         

        R.E.M. - Automatic For the People [LP] 

         

         

        Rapsody - Laila's Wisdom [2LP]

         

         

        Rolling Blackouts Coastal Fever - Talk Tight [LP+DL Code]

         

         

         

        serpentwithfeet - Blisters [LP]

         

         

        Slaughter Beach, Dog - Birdie [LP]

         

         

        Slugabed - Inherit The Earth [LP+DL Code]

         

         

        STRFKR - Vault Vol. 1 [LP+DL Code]

        LTD. RED LP

         

         

        Swervedriver - Mezcal Head [LP]

        LTD. NUMBERED 'MEZCAL' COLORED LP

         

        Taylor Swift - reputation [2LP] 

        LTD.Picture Disc

         

         

        Tyler, The Creator - Flower Boy [2LP+DL Code]

         

         

        U2 - How To Dismantle An Atomic Bomb [LP]

         

         

        U2 - U218: Singles [2LP+Booklet]

        LTD.

         

         

        Umphrey's McGee - Zonkey [LP]

         

         

        V.A. - Call Me By Your Name (OST) [2LP]

        LTD. BLUE 2LP

         

         

        The Vines - Highly Evolved [LP] 

         

         

        Wild Cub - Closer [LP]

         

         

        Wolf Parade - Cry Cry Cry [2LP+DL Code]

         

         

        The Wooden Sky - Swimming In Strange Waters [LP+DL Code+Poster]

         

         

        Yeah Yeah Yeahs - Fever To Tell [LP]

         

         

        Young Thug - Beautiful Thugger Girls [2LP+DL Code]

        1/23 (Tu) 入荷のタイトルその ( Stranger Things 2, The Walking Dead, Raw, Helta Skelta, Copelandなど)

        2018.01.17 Wednesday

        0

          遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。

          2018年もAlffo Recordsを宜しくお願い致します。

           

          年明け早々来日ラッシュの最中、本日Summer Sonic & Sonic Maniaが昨年の珍案をまるで逆手に取ったかの様に高速で第一弾ラインナップを発表。

           

           

          ホッカイロと熱い湯船だけが信用できるこのど真冬に「夏!フェス!!サマー・ソニック!!!!」と浮かれる程私の頭は狂ってないが、この初動の速さには煮えたぎる様な熱い闘志を感じる。追加のラインナップいかんでは過去最高のものになるかもしれない。

          そしてChanceを観るチャンスを逃す程、私の頭は狂っていない。

           

           

          今週からニューリリースの入荷が続きます。

          次回入荷タイトルが非常に多いので分割して紹介させてもらいます。

          まず第一弾。是非チェックして下さい。

           

           

          Bear McCreary - The Walking Dead (OST) [2LP]

          Dark Camo Green Colored Vinyl+Poster

           

           

          Belle Game - Fear/Nothing [LP]

           

           

          Cameron Avery - Ripe Dreams, Pipe Dreams [LP+DL Code] 

           

           

          Cologne Tape - Welt [2LP+DL Code] 

           

           

          Copeland - Beneath Medicine Tree [2LP]

          LTD. Colored Vinyl

           

           

          Copeland - In Motion [LP]

          LTD. Colored Vinyl

           

           

          The Coral - Roots & Echoes [LP] 

          LTD NUMBERED TRANSPARENT RED LP+BOOKLET

           

           

          Dave Depper - Emotional Freedom Technique [LP+DL Code]

          LTD. Clear LP

           

           

          Dion Lunadon (A Place To Bury Strangers Solo) - S.T. [LP] 

          LTD. 500

           

           

          Helta Skelta - Nightclubbin' [7'']

           

           

          Horoscope - Misogyny Stone [LP]

           

           

          Hundred Waters - Communicating [LP]

           

           

          Jim Williams - Raw (OST) [2LP]

          LTD. Colored Vinyl

           

           

          Joy Division - Love Will Tear Us Apart (Deluxe Edition) [LP]

          LTD.Canvas Bag

           

           

          The Kaisers - Wishing Street [LP]

           

           

          The Killers - Direct Hits [2LP] 

           

           

          Kyle Dixon & Michael Stein - Stranger Things 2 (OST) [2LP]

          LTD. 'Upside Down Inter-Dimensional' Blue Colored Vinyl

           

           

          Lemaitre - Chapter One [LP]

           

           

          Little Hurricane - Same Sun Same Moon [LP+DL Code]

          LTD. White LP

           

           

          Massive Attack - Mezzanine [2LP] 

           

           

          Massive Attack - Protection [LP]

           

           

          Megaphonic Thrift - Fa meg til verden i tide [LP+DL Code] 

           

           

          Modern Baseball - MOBO Presents: The Perfect Cast EP featuring Modern Baseball [LP]

          LTD. Picture Disc

          Alffo Records 対訳ピックアップ NO. PHOEBE BRIDGERS "MOTION SICKNESS"

          2017.12.26 Tuesday

          0

            <Text By Seiji Nakashima & Tina>

             

            何度も何度もリストックするが足早に去っていくPhoebe Bridgersのデビューアルバム『Stranger In The Alps』。リード曲"Motion Sickness"が話題になっているが、なんとなくアフタークリスマスにアップする事が常識人として正しい行為の様な気がしたので本日解禁。

             

             

            ■Poebe Bridgers

            米カリフォルニア発の女性SSW。2016年、デビューシングル『Killer』をライアン・アダムス主催のレーベル〈Pax American〉よりリリース。同年にはJulien Bakerのツアーサポートをつとめ、今年デビューアルバム『Stranger In The Alps』をリリース。

             

             

            I hate you for what you did
            And I miss you like a little kid
            I faked it every time but that's alright
            I can hardly feel anything
            I hardly feel anything at all

             

            あなたがしたことが大嫌い

            でも子供みたいにあなたのことが恋しいの

            その都度偽っていたけど、それでよかったのよ

            もう何も感じない

            何もかも感じなくなったわ

             

             

            You gave me fifteen hundred
            To see your hypnotherapist
            I only went one time, you let it slide
            Fell on hard times a year ago
            Was hoping you would let it go and you did

             

            あなたは私にお金を渡して

            「催眠療法師に会いに行け」って

            1度だけ行ったのよ, あなたは気にもかけてくれなかったけど

            1年前は本当に辛くて、放っておいてって思ったし、結局あなたはそうしたわよね

             

             

            *

            I have emotional motion sickness
            Somebody roll the windows down
            There are no words in the English language
            I could scream to drown you out

             

            私の心は乗り物酔いしたみたいにフラフラで

            だから誰かに窓を開けてほしい

            言葉にはできないくらいなの

            でも思いっきり叫んであなたをかき消すことが出来るわ

             

             

            I'm on the outside looking through
            You're throwing rocks around your room
            And while you're bleeding on your back in the glass
            I'll be glad that I made it out
            And sorry that it all went down like it did

             

            私は外から見ているけど

            あなたはガラスに囲まれた部屋で石を投げている

            だから背中から血を流し続けるの

            私はそこから出れたことを嬉しく思う

            そしてあなたがそんな風に落ちぶれたことに同情するわ

             

            *Repeat

             

            And why do you sing with an English accent
            I guess it's too late to change it now
            You know I'm never gonna let you have it
            But I will try to drown you out

             

            ねぇ、あなたはなぜ英国アクセントで歌うの?

            もうその癖を直すことは手遅れだと思うけど

            でもあなたのものには絶対させないからね

            あなたをかき消そうをし続けるから

             

             

            You said when you met me you were bored
            You said when you met me you were bored
            And you, you were in a band when I was born

             

            私たちが出会った日、「毎日退屈なんだ」って言ってたわよね

            私たちが出会った日、「毎日つまらないんだ」って言ってたわよね

            そして私が生まれた時、あなたはすでにバンドを組んでいたんだっけ

             

             

            I have emotional motion sickness
            I try to stay clean and live without
            And I want to know what would happen
            If I surrender to the sound
            Surrender to the sound

             

            私の心は乗り物酔いしたみたいにフラフラで

            汚れずに、苦しまないように生きようと頑張っているの

            これから私がどうなるか、あなたにわかってもらいたいの

            私がもし、音に身を委ねたら

            私がもし、音に身を委ねたら

             

             

             

            The xx"On Hold"の歌詞に共通しないでもないが、この物語、彼女の実体験に登場する恋愛対象(男と仮定)はオリバーの様なセンシティヴな優男では無く、推定年齢40〜50歳(Phoebeが今23歳、彼女が生まれた時既にバンドをしていたというパートに順じて)のヤリ〇ンミュージシャンであろう。"English Accent"というくだりが注意を逸らす為のフェイクで、相手が実はRyan Adams(現43歳)だったら洒落にならないが、Phoebeのデビューの前年に離婚した経緯を鑑みると少し勘ぐってしまう(井上公造メソッド)。

             

             

            Phoebeの1人称視点で簡潔に語られる本曲の歌詞に小難しい考察は不要の様に思える。

            "Motion Sickness"はイニシエーションを経て、過去にケリをつけたポジティヴな歌である事は「喪服の様なメンズスーツを纏うPhoebeの出で立ち(自身の過去を弔うが故)」、そしてラスト「If I surrender to the sound」という穏やかに幕を降ろす一節に顕著である。「The sound」とは成長を経たPhoebe Bridgers自身が奏でるサウンドなのか、あるいは新しい恋人を指すメタファーなのか。いずれにせよ金を渡してセラピーにいかせる様なオヤジの奏でるサウンドでは無い。(ところでPhoebeは相当メンヘラなのか?)

             

             

            ここでひとつ勉強。訳者の解説無しには知る由もなかったパートだが、

             

            You're throwing rocks around your room
            And while you're bleeding on your back in the glass

             

            は直訳すると野暮ったいが、ヨーロッパ圏で用いられることわざ↓

             

            People who live in glass houses should not throw stones

             

            の言い換えで、日本のそれに置き換えるなら「人を呪わば穴二つ」、もっとくだいて言えば「因果応報」、「バチあたり」に該当する様だ。なるほど先人は面白い言い回しを思いついたものだ。

             

             

            結論。恋愛とは良い時も悪い時も「酔い」を伴うが、乗った先がバンドマン/ミュージシャンである時は特にシートベルトをきつく締めるべし。

             

             

            以上。来年もこんな感じでマイペースに訳してきたいと思います。(訳すのは自分の仕事では無いのだが、、)

            来年も何卒宜しくお願いします。